注文住宅を建てる際にはエクステリアについて考えることも大切です。
エクステリアは駐車スペースを確保するだけではなく、防犯や遮音、敷地境界の表示など、様々な役割も持っています。
そこで、注文住宅でも重要なエクステリアのスケジュールについて解説していきましょう。

■注文住宅ではエクステリアについても考えよう

注文住宅ではエクステリアについても考えよう

注文住宅となると、家の間取りや設備について考えてばかりでエクステリアに関しては何も考えずに時間だけが過ぎてしまう場合もあります。
エクステリアは、2~4週間ほどで完了することが一般的となっていますが、工事内容によっては4週間以上掛かる可能性もあるため、早い段階からスケジュールを組むことが大切となるでしょう。
その際には、デザインだけではなく予算やメンテナンスについても把握しておくことが重要です。

■注文住宅におけるエクステリアのスケジュール

注文住宅におけるエクステリアのスケジュール

注文住宅におけるエクステリアを考える際の大まかなスケジュールをご紹介していきましょう。

1.予算

まずは、エクステリアにかけられる予算を考えます。
注文住宅を建てる土地の大きさや状況によって費用には違いがありますが、平均では150万円前後と言われています。
ウッドデッキや植栽に関しては、DIYで費用を抑えることも可能です。

2.要望

次に、エクステリアに関する要望をまとめます。
どんなエクステリアにしたいのか、ネットや書籍などを参考にしてまとめていきましょう。

3.業者選び

要望をまとめている際には、同時進行で業者も探していきます。
ハウスメーカーが行ってくれる場合や紹介されることもありますが、いくつかの業者に見積もりを出してもらうことで、自分に合った業者を見つけることができます。

4.比較

いくつかの業者から見積もりをもらったら比較をしていきます。
価格が低い業者を選びがちになりますが、あまりに低いと失敗する可能性もあります。
提案力のある業者は満足度も高いので、多少金額が高くなったとしても依頼することをおすすめします。

5.契約~工事開始

業者を選んだら契約となり工事日程を組んで工事開始となります。

6.完了~引き渡し

工事が完了したら、不備がないか必ず確認しましょう。
希望と違う部分に関してはきちんと相談して対応してもらいます。

7.メンテナンス

引き渡し時にはメンテナンス方法について相談することも大切です。
植栽に関してはお手入れ方法を聞き、使用されている部材に関しては寿命を確認しましょう。
掃除などのメンテナンスを正しく行うことで、長く快適に使うことができます。

注文住宅では、住宅の外壁や内部に気を取られ過ぎてエクステリアまで頭が回らない場合もあります。
ですが、エクステリアは注文住宅の顔部分もあるのでしっかりと考えることが大切でしょう。
上記のようなスケジュールで進められるので、デザインや好みなどある程度考えておくことをおすすめします。