注文住宅を建てる時に、水回りの設備はどんな素材が良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。
最近は、様々な素材を選択できるため、注文住宅を建てる時にもその選択肢のどれがベストなのか決めかねてしまうこともあります。
水回りの設備で良く利用される素材の特徴について確認し、どの素材がベストなのか考えていきましょう。

■水回りに良く使われるステンレス

水回りに良く使われるステンレス
ステンレスは、水回りの設備に良く使われる素材なので、注文住宅でも使用されることが多くなっています。
ステンレスは錆びにくいだけではなく、耐熱性や耐水性に優れているという特徴があるためです。
かつては傷が目立つと言われていましたが、最近は様々な種類のステンレスが増えており、例えば傷が目立ちにくいものや高級感のあるステンレスもあります。
注文住宅のコンセプトに合わせやすい素材と言えるでしょう。

■重厚感が魅力的な天然御影石

重厚感が魅力的な天然御影石
天然御影石は、その重厚感や高級感が魅力的な素材です。
値段はそれなりにしてしまいますが、天然御影石をキッチンや洗面所に使用するととても豪華な印象になります。
石なのでガラスなどをぶつけてしまうと割れてしまうので注意が必要ですが、注文住宅で高級感を出したい場合には使用されるケースもあります。
またキッチンで使用する場合は、熱を伝えにくいとい特徴を活かすことができるでしょう。
天然御影石が持つ特徴から、パイ生地などをこねる時などにも役立ちます。

■根強い人気を誇るタイル

根強い人気を誇るタイル
水回りの設備にタイルを用いるケースはそこまで多くありませんが、キッチンカウンターへの利用は根強い人気を誇っています。
ナチュラル系の注文住宅の場合は、特にタイルを使用するケースが多く見られます。
タイルを用いることによって、どこか懐かしく優しい雰囲気を作り出すことができるため、人気があるのです。
カビや汚れが目立ちやすい素材ではありますが、きちんとお手入れをしていればキレイな状態を保つことができます。
また最近は、抗菌加工が施されたタイルもあるので、そのようなタイルを選ぶとよりカビや汚れを防ぎキレイな状態を保ちやすくなるでしょう。

注文住宅を建てる時には、色々な悩みが出てくると思います。
その中の1つに取り上げた水回りの設備で使う素材があります。
素材によって様々な特徴があるので、注文住宅を建てる際にはどのような特徴の素材なのかを知っておくと良いでしょう。
そうすることで満足度の高い注文住宅を手に入れることができるはずです。