何年、何十年と同じ家に住み続けている場合、リフォームのことを考えることも増えてくるでしょう。
リフォームは、やるべき時期が明確に決まっているものではありません。
そのため、いつ頃リフォームを行えば良いのか悩むこともあるでしょう。
そこで今回は、リフォームをするのにおすすめのタイミングについて解説していきましょう。

■リフォームのキッカケは家庭によって違いがある

リフォームしたいと思うキッカケは人によって違います。
どういった理由でリフォームを考えるのかご紹介していきましょう。

・家を長持ちさせることで長く住めるようにする
家を作るには、様々な建材や設備を使用します。
それぞれには寿命があるため、交換やメンテナンスを行うことで長持ちさせられ、その分長く済み続けられます。

・劣化によるリフォーム
長年住んでいると劣化する場所が多くなっていきます。
特にトイレやお風呂、内壁や外壁のひび割れなどはリフォームをしなければ困ってしまうようなことも多いので、交換するなどのリフォームが必要です。

・不満があることでリフォームする
毎日家事をしていることで使いにくさを感じてリフォームを考える人は多いです。
新しく自分に合う設備にすることで、快適な環境にできます。

■家の設備の寿命を知ろう

家にある様々な設備には寿命があります。
例えば、キッチンの寿命は大体10~20年と言われています。
トイレや洗面所も同じく10~20年ほどです。
浴室に関しては、10~15年ほどが寿命と言われており、給湯器の点火不良や水栓に不具合が現れれば交換のサインとなるでしょう。
また、壁紙を張り替えるタイミングは汚れや傷が目立ってくる5~10年頃となります。
屋根に関しては、使用している材料によって寿命に違いがあるので確認してみましょう。

家の寿命は使用している材料や住んでいる人によって違いがあります。
長く快適に暮らすためにも、リフォームについては早めに検討していきましょう。