住宅が経年劣化していくと、外壁の塗装が徐々に剥がれていってしまいます。

外壁の塗装が剥がれると見た目的にも悪いだけでなく、機能面にも問題が生じてしまう場合があるので外壁塗装リフォームを実施しましょう。

外壁塗装では色選びが重要になってきますが、失敗しないためにはどんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

今回は、外壁塗装リフォームで色選びを失敗しないためのポイントをご紹介していきます。

 

 

■色選びのポイント

近年外壁に使われる塗料の種類はかなり多くなっており、色のバリエーションも増えています。

そんな中で色選びに失敗しないためにはどうすれば良いのでしょう?

まず失敗しないポイントとして、自然に近い色を選ぶことが挙げられます。

例えば、原色に近い色を選んでしまうと周囲から浮いてしまい悪目立ちしてしまう可能性があります。

周囲の景観に溶け込めるような自然に近い色を選ぶことが、色選びで失敗しない1つのポイントです。

そもそも原色のような濃い色は、外壁に塗ると経年劣化で色が薄くなるのが分かりやすく、それほど外壁塗装をしてから期間が経っていないのに古く見えてしまうことがあります。

もう1つのポイントは、汚れが目立ちにくい色を選ぶことです。

外壁は常に外に出ているものなので汚れてしまうのは致し方ありません。

しかし、汚れが目立ちにくい色を選んだ方が掃除の手間が省けます。

掃除をしなくても良いというわけではありませんが、できるだけ汚れが目立ちにくい色を選ぶと良いでしょう。

黒と白は汚れが目立ちやすいので、できれば避けた方が良いです。

 

 

■外壁塗装に人気のカラーは?

実際に外壁塗装で選ばれている人気のカラーは、ベージュ系です。

白に近いベージュですが、若干茶色みがあるため汚れは普通の白よりも目立ちにくくなります。

また、シンプルな色合いであるため周囲にも合わせやすいカラーだと言えます。

ベージュの次に人気があるのは、グレーです。

グレーも周りに合わせやすい色で、ベージュとは違ったクールな雰囲気を出すことができます。

 

 

外壁塗装で色選びに失敗しないためには、周りの家を観察して色味を合わせることと、なるべく汚れが目立ちにくい色を選ぶということです。

人気カラーはベージュとグレーをご紹介しましたが、一口にベージュ・グレーと言っても濃さによって違った印象を与えてくれます。

どんな外観にしたいか考慮しながら、外壁塗装を検討しましょう。