近年では、住宅の基本的な耐震性について話題となることが多くなっています。
日本は地震が多い国であるため、住宅の耐震性は必要不可欠です。
耐震性についての法律は建築基準法で定められていますが、1981年と2000年に改正が行われており、耐震性の基準はより厳しくなりました。
今回は、耐震リフォームを行う際に押さえておきたいポイントについてご紹介していきましょう。

耐震リフォームのポイント①基礎と土台

耐震リフォームにおいて重要とされているポイントの1つは、基礎と土台がしっかりとしているかです。
木造一戸建てを例に考えてみましょう。
木造一戸建ては、基礎となる部分以外での重量が1㎡当たり約400kgとされており、床面積が広くなればなるほどその重量も増加していきます。
床面積が広い家を支えるためには、基礎と土台が最も重要です。
現在では基礎にコンクリートが用いられていますが、建築基準法が改正される以前では鉄筋が基礎に入っていなかったり、基礎だけが独立して家屋とはつながっていなかったりすることがあり、基礎の強度が十分であるとは言えませんでした。
また、基礎の上には土台があります。
土台は、木造となっていることがほとんどであるため、経年による劣化やシロアリ、湿気などで腐食していることもあります。
耐震性を向上させるためには、劣化した土台を交換したり、基礎にしっかりと土台を固定させたりすることが大切です。

耐震リフォームのポイント②強固な壁

木造一戸建てでは、壁と柱、梁が地震の揺れに耐えるために重要な役割を担っています。
特に壁は面積も大きく、強度が低いことで地震に耐え切れなくなり、住宅全体が倒壊してしまう恐れもあるのです。
建築基準法改正以前の住宅では、筋交いがないことやあったとしても中途半端な箇所に付けられていることがあります。
壁の強度は、耐震性に大きく関わってくることが分かります。

耐震リフォームを行う際には、基礎と土台、壁を強化することが大切です。
場合によっては、規模の大きいリフォームになってしまうことを念頭に置いておきましょう。